Chaca-log

1年間の1人暮らし。何か新しい事を始めたいと悪戦苦闘しながらもBLOGに挑戦中です。

パンくずリストとは?SEO効果と作り方

こんばんは、Chacaです

 

たまに見かけていたこのワード、パンくずリスト

パンくずリストという文字を見かけたとき、何の事なのかがさっぱり分かりませんでした。

分からない事は調べるに限りますね。

 

 

 パンくずリストとは

 ユーザーがサイト内のどのページにいるのかを示すナビゲーションです。

検索し表示されたページが必ずしもトップページだとは限りません。

表示され見ているページのカテゴリー、階層、位置を確認できるようにするのがパンくずリストになります。

 

パンくずリストの由来

 始めてこの名称を聞いたとき、パソコン関係・ブログ関係などに関連付けることが出来なかったので、パンくずリストという言葉をなかなか覚えることができませんでした。

ですが、名称の由来が分かれば納得です。

 

パンくずリスト」という名前は、童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように通り道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来する。

パンくずリスト - Wikipedia

 

パンくずリストを設置するメリット 

  • ウェブページ内で自分がどのページにいるのかを知ることができる
  • どこをどのように経由して現在のページに来たかということを知ることができる
  • 現在のページがどのカテゴリーなのかを知ることができる
  • 同じカテゴリーの他のページを見てもらえる確率が高くなる
  • ページを移動する時に便利である
  • 内部SEOに有効

メリットこそあれデメリットがないのがパンくずリストなのです

 

パンくずリストによるSEO効果

パンくずリストを導入することにより、カテゴリーに対策キーワードを含めることで内部リンクが集中しやすくなり評価されやいため内部SEOに有効とされています。

また、パンくずリストを設置することでクローラー巡回の手助けとなります。

パンくずリストを読み取ることにより、クローラーはページ内部を効率よく巡回しサイト全体の構成の理解を促進します。

このようにして、巡回効率を改善することでクローラーに正しい情報が伝わりコンテンツの評価にもつながっていきます。

 

パンくずリストの作り方

ものすごく簡単ですのでこちらをどうぞ。

 

staff.hatenablog.com

 

それでは、僕もやってみます!

そして、やってみました。

ダッシュボード>デザイン>カスタマイズ>記事>パンくずリスト

このような流れになっています

 

「ダッシュボード」からの「デザイン」

 

f:id:shuyax:20170905004240p:plain

 

「デザイン」からの「カスタマイズ」(スパナ・工具みたいなもの)

 

f:id:shuyax:20170905004313p:plain

 

「カスタマイズ」からの「パンくずリスト」(スクロールして下の方です)

 

f:id:shuyax:20170905004345p:plain

 

パンくずリスト」にチェック

 

f:id:shuyax:20170905004412p:plain

 

最後に「変更を保存」

これで「パンくずリスト」の設定はできました。

 

f:id:shuyax:20170905005448p:plain

 

次の画像は、実際に僕が設定したものです。

しっかりと反映されていますね。

でも、少しデザインというかなんといいますか・・・

 

f:id:shuyax:20170905004444p:plain

 

こちらが「パンくずリスト」設定前の画像になります。

タイトル間に何もないのが分かると思います。

 

f:id:shuyax:20170905004522p:plain

 

結論、パンくずリストは良いことばかりです。

ユーザーの役に立ち、サイト内部でのSEO効果、無駄なクリックが減り上位階層に素早くアクセスがでる。

付加情報(カテゴリー、階層など)を提供することができるので、回遊率が上がり、離脱率を下げる事にもつながります。

未設置の方はこれを機に見直してみてはどうでしょうか。

 

Chacaでした・・・

 

広告を非表示にする