Chaca-log

1年間の1人暮らし。何か新しい事を始めたいと悪戦苦闘しながらもBLOGに挑戦中です。

そーなんだ、クールビズって、知らなかった・・・

こんにちは、Chacaです

 

Cool bizと言われると何を思いますか?

僕はサラリーマンです。

サラリーマンの夏の服装。

スラックスにワイシャツ

そしてノーネクタイ

そんなイメージがありませんか。

僕の思っていたクールビズとは、暑苦しくない服装。

涼しい(涼しげ)服装。

だと今の今まで思っていましたし、そう理解してたんです。

間違ってますか?

そうです、間違っていたんです。

そうだったのか、クールビズとは

 

クールビズとは

f:id:shuyax:20170827153622j:plain

2005年当時、内閣総理大臣であった小泉純一郎氏が、「夏場の軽装による冷房の節約」というキャッチフレーズによるアドバイスを受け、環境省主導のもと、ネクタイ・上着・ジャケットなどをなるべく着用せず、夏季に28度以上の室温に対応できる軽装を呼び掛けた事が始まりです。

要するに夏の暑い時期に「ノーネクタイ・ノージャケット」で28度以上の室温の中で快適に過ごそうという事なんですね。

 

クールビズによるメリット

冷房の設定温度を高くすることにより、CO2の排出を少なくすることができる。

環境にやさしいという事ですね。

また、冷房の設定温度が高いので電気代の節約にもなります。

クールビズ導入によりラフな服装になるのでネクタイを締めスーツを着用しての職場環境の時とくらべ、身軽で涼しく(個人によりますが)感じるのではないでしょうか。

スーツと比較しいろいろコーディネイトして、ファッションを楽しめることもメリットの一つですし、そのことにより経済効果もあるようです。

 

クールビズによるデメリット

環境省が推奨しているのですから「デメリット」なんてあるわけないですよね。

今までは、スーツが制服代わりのようなものでしたから良いのですが、クールビズを取り入れることにより、より自由な服装となるので統一感がなくなる。

なかには、クールビズ導入後もしっかりとしたスーツ姿で仕事をされる方もいますし、「あれ?」と思うかもしれないですね。

クールビズを実施されている会社への訪問ならよいのですが、必ずしもそうとは限りません。

そのような場合・・・大変ですね、ネクタイ・ジャケット・スーツの用意が必要になってきますから、2度手間になりませんか。

そして何よりも・・・

28度・・・

この室温設定高すぎませんか?

僕も他社へ赴くことも多々あるのですが、「こんなところで仕事をしているの?」と言うくらい暑く感じるし(実際、暑いですし働いている人も汗をかいたりしますよ)効率が悪くなるのではと思っています。

CO2は別にして、そういった会社では別でサーキュレーターなどを活用しているので「節電効果」はどうなんでしょうね。

 

まとめ

f:id:shuyax:20170827153653j:plain

 やっぱり、室内温度が28度ってあつくないですか?

暑いですよね!

「コピー用紙がなくなったから一箱持ってきて」

と上司に言われ

よいしょよいしょと運んでくる、それだけで汗だくになりますよ。

仕事の効率も絶対に落ちると思うんですがね・・・

どうせなら、クールビズではなくその上の「スーパークールビズ」を導入してもらいたいものです。

スーパークールビズ」でしたら「ポロシャツ・チノパン・スニーカー」こんなにも普段している服装がOKなんですよ!!

 

夏季で外回りとかが暑くて大変だからという理由ではなく、室温28度のなかでも快適に仕事が出来るようにと言うのが「クールビズ」だったんですね。

勉強になりました。

 

Chacaでした・・・

 

広告を非表示にする