1人暮らしとお弁当・・・かな

1年間1人暮らしをすることになりBlogを始めようとネタを探していたらお弁当になりました。

怒りをコントロールする6秒間との闘い

こんばんは、Chacaです

 

怒りについて書いてきましたが、それではいったい「怒り」を覚えたときには

どうすればよいのでしょうか。

感情にまかせて怒る、我慢する、物にあたるなど人により表し方が異なって

いると思います。

「アンガ―マネジメント」とは怒りをコントロールする心理療法です。

 

最初の6秒

この”6秒”とはいったい何なのでしょう?

仕事のことで、家庭で、子どもに対して、僕たちが怒る原因はたくさんあります。

僕もそうなのですが、理不尽なことで怒るときも・・・

自分の思い通りにいかない、なぜ言うことを聞いてくれない、そんなイライラが募り

怒りへと・・・というのが僕のパターンです。

 

怒るという感情のピークは「最初の6秒」

この「最初の6秒」でアドレナリンが強く出るといわれています。

6秒という時間をやりすごすことで怒りの感情を和らげ、コントロールすることが

「アンガ―マネジメント」です。

それでは、どのようにすればいいのでしょうか?

 

6秒間をやりすごせ

怒りのピークは6秒間、この6秒が過ぎると冷静さが戻ってきます。

この6秒間のあいだでは冷静な判断ができません。

ということで、6秒間我慢する。

この一言につきるのですが、さてどうしたものでしょうか?

 

アンガ―マネジメント 6秒ルールの実施

 1.6秒という時間をゆっくりと数えてください。

   「いーち、にーい、さーん・・・」とゆっくりと。

   僕も、「アンガ―マネジメント」というものを知ってから実施しているのですが

   僕の場合は「私は怒らない、私は怒らない、私は怒らない」と何度か復唱して

   います。

   数を数えるのではなく言葉で「6秒」と言う時間をやりすごしています。

   そして、「怒らない」というフレーズを脳に刷り込んでいます。

   あくまでも、僕の方法なのであしからず・・・

 

 2.深呼吸をする

   深呼吸をすることも効果が期待できます。

   深呼吸をすることにより「怒り」のときに働きが強くなる交感神経を弱め

   副交感神経の働きを強くします。

   交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれているように、興奮した状態のときに

   活発になります。

   逆の働きをするのが副交感神経です。

   副交感神経は身体がゆったりとしたときに強くなるので、リラックスした状態

   へ切り替えてくれる効果があります。

   深呼吸をすることにより興奮状態からリラックスした状態へとクールダウン

   しますので、怒りの感情が引いていく訳なんです。

 

 3.意識を別のものに向ける

   例えば、ムカッとした時に、相手の服装、ネクタイと、装飾品などを観察し

   意識を怒りから遠ざけるのも効果があります。

   

 4.冷たい水を飲む

   このことは、いろいろなことに応用されていますね。

   冷たい水を飲むことで、自律神経(交感神経、副交感神経)を整え心身ともに

   リラックスする効果が期待できます。

 

少し変わったところでは、「嫌なこと日記、怒り日記」をつけることです。

文字にして書きだすことによりストレスの解消になります。

 

本当に怒りを抑えられないと思ったならば、その場からいなくなるのもひとつの手段だと思います。

もめ事を起こすよりも良いのでは・・・距離と時間を置くことで冷静になれます。

 

こちらのサイトがとてもやさしく分かりやすかったので参考にしてください。

 引用元:ナースが教える仕事術

 

 恥ずかしながら、今日もやらせて頂きます。

 

明日のお弁当 No68

 

f:id:shuyax:20170809220040j:plain

   

 今日も、無事に1日を終えることができました。

 

ありがとうございます