1人暮らしとお弁当・・・かな

1年間1人暮らしをすることになりBlogを始めようとネタを探していたらお弁当になりました。

怒りをコントロールする「アンガ―マネジメント」、なんだろうこれ

こんばんは、Chacaです

 

本日は趣向を変えて「アンガーマネージメント」について記事にします。

 

「アンガ―マネージメント」という言葉を聞いたことありますか?

ぼくも聞いたことはあったのですが、今回のようにこの事にフォーカス

した事は一度もありませんでした。

「アンガーマネージメント」とはいったいどのようなものなんでしょう?

 

f:id:shuyax:20170806212120j:plain

 

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントとは、1970年代に始まったアンガー(怒りなど)マネジメント

(管理・制御)するための心理療法、心理教育なんです。

怒りの感情をコントロールできるようになる事って素晴らしいですね。

現代社会においてはイライラすることはたくさんあります。

当ブログでも記事にしていますが、ぼく自身もこの「アンガー」で悩んでいるんですよ(現在進行形・・・)

そのようなこともあり、自分自身の事もふまえ「アンガ―マネジメント」に興味を持ったわけです。

 

怒りの種類

怒りには4つのタイプがあるといわれています。

ぼくは、どのタイプに属すのだろうかと考えながら書いていきます。

  1. 強度が高い・・・怒り出すと手が付けれません。激怒するタイプ。
  2. 攻撃性をともなう・・・相手はもちろん、自分自信や、ものにもあたります。
  3. 頻度が高い・・・常にイライラし、少しの事でもカチンとくるタイプ。
  4. 持続性がある・・・いつまでもネチネチと根に持つタイプ。

みなさん、どうですか?

ぼくは時と場合にもよりますけど、なぜかしら「すべてあてはまるんじゃないかな」 と思ってしましました。

 

1番目「強度」についてなんですが、本気で怒ったら、ちょっとやそとじゃ止まらないでじゃないかな?

止めるのも難しいかも?(本気だったらそうじゃないの)

 

2番目「攻撃性」、よっぽどではない限り他人様に対して攻撃はしないです。

もちろん自分自身にも・・・

ですが、怒りをぶつける場所がないので「モノ」にあたってしまします。

 

3番目「頻度」・・・職場では少し前まで常にイライラしているように感じます。

今現在はといわれましたら、なぜかそんな事ないんですね(^-^)

あれだけ自覚できるほどにイライラしていたのに、この頃はイライラの原因となる人・事でさえも少し違った目で見れています。

なぜなんですかね~???

 

4番目「持続性」について、この感情も時と場合によりけりです。

決して根に持つタイプではないと自分自身では思っているのですが、やはり忘れられない事もありますね。

ですが、それが怒りの感情かと問われると???クエスチョンなんです。

「嫌な事だった」

「あいつ、いやな奴」

「あいつ~、どうにかしてやろう」

「あの時の借りを返してやるぞ」

などとは微塵も思いませんし、ぼくが属するのかといわれると、微妙・・・

 

 本日はこの辺りで

 

それでは

明日のお弁当 No65

 

f:id:shuyax:20170806203738j:plain

      

台風5号がやってきてますね、注意してください!

 

ありがとうございます