1人暮らしとお弁当・・・かな

1年間1人暮らしをすることになりBlogを始めようとネタを探していたらお弁当になりました。

お豆腐の表示が変わる?

こんばんは、SHUYAでございます

 

クーラーがぶっ壊れてからBLOGの更新も億劫になっていましたが、本日はダラダラと降った雨も上がり窓を開け扇風機をまわせばとても快適です(^-^)

本当にこの2日間は地獄でした(T_T)

暑いのなんのって、扇風機も生ぬるく布団に至ってはポッカポカ(冬場だったら極楽極楽)

それも今日でさよならです(ヤッター)

明日、新しいクーラーを取り付けに電気屋さんが来るのがとても楽しみなんですね

想像するだけで心身ともにリフレッシュという感じ(笑)

 

さて、話題は変わりますが今日アルバイトの方と「肌がツルツルの女性は”納豆”をよく食べている」という話をしてたんですが、原材料の大豆のことになりそこから”豆腐”の話しになったんですよね

f:id:shuyax:20170705202947j:plain

”豆腐”と”納豆”は今のぼくには欠かせない食材でございます

お肉料理を普段しないのでこの二つからタンパク質を摂取しています(>_<)

(ま~ちゃんと取れているかは謎ですけどね・・・)

「”豆腐”の話しってなんの話しなん?」

「”豆腐”に話題性なんてあるの?」

あるんです!

みなさんは、”豆腐”の表示方法が変わることを知っていましたか?

ぼくは全然知らなかったんです

「表示方法が変わるって、”豆腐”なんてどれも一緒やん」

「えっ、”豆腐”ってネーミングが違うだけやないん?」

いえいえ”豆腐”にもいろいろとあるみたいですよ

例えばこれ

f:id:shuyax:20170705204403j:plain

そう牛乳です!

スーパーに行くと「牛乳」っていっぱい種類があるじゃないですか

特濃牛乳とか低脂肪牛乳とか・・・

正確には「牛乳」「特別牛乳」「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」

の5種類になります

ひとことで「牛乳」といってもこんなにたくさんあるんですが、「豆腐」も使用する大豆の割合で種類分けされるんですって

 

定義

豆腐に含まれる大豆の割合「大豆固形物」を基準に、10%以上を「とうふ」、8%以上を「調整とうふ」、6%以上を「加工とうふ」と大まかに分類する。6%に満たないものや、卵を主原料とするたまご豆腐などは除外する。

 

また、加工状態や硬さで「木綿」「ソフト木綿」「絹ごし」「充てん絹ごし」「寄せ」という中分類もされるそうです

面白かったのが、「最高級」とか「天然」「純粋」など根拠のないネーミングはダメなんですって(>_<)

牛乳と同じように、豆腐も大豆をたくさん使っているものと少ししか使っていないものがあり、それでもひとくくりで”豆腐”とされていたので大豆をたくさん使っている豆腐も安くせざるをえないということで、このような「定義」ができたようです

ぼく自身「”豆腐”なんてなんでも一緒やん」「安いのにしよ!(だって同じ豆腐屋から)」と安易にとらえて買っていたのは事実ですね

 

アルバイトいわく、「いいやつは全然味が違うんですよ!」とむっちゃ言ってたんで

ぼくも今度、高いのと安いのを買って食べ比べてみたいと思っています(*^^*)

(でも、ぼくに味の違いが分かるんだろうか??)

成分表示や名前が変わると、買う側からしても選びやすいですね

ちなみに、豆腐一丁の適正価格は¥200だそうですよ

※2019年3月の申請を目指しているそうです

 

それでは、昨日は出来なかった明日のお弁当です

(明日は仕事はお休みを頂きましたので今日はなしです)

昨日の

明日のお弁当 No44

f:id:shuyax:20170705201934j:plain

なにか良く分からない記事を読んでくださり感謝です

ありがとうございます